野外実習・調査

本学科には、多くの実験、実習、演習科目が用意されており、講義で得た知識や方法を実践しながら学ぶことができます。
特に、日帰りを含めて年間10回程度実施している野外調査は、現地調査の基本や機材の使い方を学び、実践する貴重な場となっています。

国内巡検

地理学では、野外調査のことを「巡検」と呼びます。地理学科では、講義で学んだことの実践として数多くの巡検を実施しています。授業科目には、1年次の「地理調査法」、2年次の「野外調査法」があります。「地理調査法」では、自然から人文までの幅広い事象を対象に、基礎的なフィールドワークを行います。「野外調査法」では、さらに具体的かつ専門的なフィールドワークを行います。このほかにも、講義や実験・実習、ゼミ科目の中でさまざまな巡検を実施しています。調査地は、北海道から沖縄まで多岐にわたっています。

海外実地研究

文理学部17学科に属する学生を対象に、地理学科の教員が担当する「海外実地研究」を毎年実施しています。参加学生が、海外調査を行う意義や価値を感じられるように、現地の人々や大学、研究所との交流もプログラムに取り入れています。2010年度は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州において、多様な自然環境を理解した上で、環境政策および環境保全活動の実態を調査する予定です。近年はヨーロッパ、アジア、北米地域での実施が多くなっています。

2010年度実績

巡検名称 テーマ 担当教員 期間 調査地 参加学生
築地巡検 東京築地市場の実態調査 水嶋一雄 教授、両角政彦 助教、羽田麻美 助手 12月10日 東京都中央区築地市場 地理学科2年生7名、3年生16名、4年生1名、大学院生9名 計33名
多摩丘陵巡検 多摩丘陵におけるニュータウン開発後の住民の生活実態に関する調査 森島済教授、落合康浩准教授、両角政彦助教、畠山輝雄助教 11月13日 東京都多摩市、稲城市、神奈川県川崎市 地理学科1年生113名、2年生5名、3年生1名 計119名
狭山丘陵巡検 藁谷哲也 教授 11月1日 入間市および飯能市 地理学専攻大学院生 3名
菅平巡検 菅平高原における気候と冷気流観測 森島済教授、羽田麻美助手 10月16日~17日 1泊2日 長野県上田市菅平高原 地理学科2年生26名、3年生6名、大学院生1名 計33名
甲府盆地巡検 甲府盆地の自然環境と産業活動とのかかわり~地域の見方を養う~ 森島済教授、落合康浩准教授、両角政彦助教、畠山輝雄助教 9月15日~16日 1泊2日 山梨県甲府盆地およびその周辺 地理学科1年生118名、2年生4名 合計122名
東京巡検 東京中心部における産業・景観に関する調査 落合康浩 准教授 9月9日~9月10日 東京都千代田区、中央区、台東区、江東区、港区 地理学科3年生14名
海外実地研究 アメリカ合衆国カリフォルニア州の自然環境と環境保全活動の理解 水嶋一雄 教授、両角政彦 助教 8月25日~9月10日 17日間 アメリカ合衆国カリフォルニア州デービス市、サンフランシスコ市 地理学科4年6名、3年生2名、2年生3名、1年生3名、大学院生3名 計17名
頸城平野巡検 農山村地域の持続的発展に関わる農業経営形態の調査 水嶋一雄 教授 8月20日~21日 新潟県頸城平野 地理学専攻 大学院生 3名
奈良巡検 奈良の地理と歴史 高阪宏行 教授 8月2日~5日 奈良県 地理学科2年生19名、4年生1名 計20名
沖縄巡検 石灰岩から見た沖縄県の自然と人文環境 藁谷哲也 教授、羽田麻美 助手 8月1日~4日 沖縄県(本部半島および辺戸岬) 地理学科2年生15名、3年生5名、4年生2名 計22名