専任教員紹介

高阪 宏行(Hiroyuki KOHSAKA)
埼玉県出身 1947年生

店舗立地の評価をGISで行い売上を予測
GIS(地理情報システム)を応用して、小売店やサービス施設を開設するための用地の評価を研究しています。用地の広さ、前面道路の状況、視認性などを調査するとともに、GISを用いて店舗から一定距離圏を設定しその圏内の年齢・世帯構成などの住民特性を分析したり、GIS上で居住地から店舗へ道路距離を算出し交通の便を把握します。これらの調査・分析から、用地に店舗が開店したときの売り上げを事前に予測する研究を行っています。

PHOTO

町丁目ごとの食料品の需要推定量

詳細情報

研究内容 地理情報システム,計量地理学
主な担当講義 <学部>
地理情報システム(含実習),商業地理学,応用空間分析法(含実習),地理学卒業研究1・2
<大学院>
地理情報技術特論Ⅰ・Ⅱ,自然地理学調査法Ⅰ・Ⅱ
主要業績 ・「ジオビジネス:GISによる小売店の立地評価と集客予測」,古今書院(2014).
・「GISを利用した社会・経済の空間分析」(共著),古今書院(2005).
社会的活動 一般社団法人 地理情報システム学会(代議員)
社団法人 日本地理学会(代議員)

ゼミ情報

ゼミ名 高阪研究室
指導分野・ゼミの概要 GIS(地理情報システム)の実社会での活用を目指した多様な研究を行っています。研究室にはArcGISなどのGISソフトウェアが整備されており、所属学生は自分の興味・関心に応じた研究を充実したGIS環境の下で行うことができます。研究活動を通じてGIS技術を習得した卒業生は現在、実社会の様々な分野で活躍しています。
卒業研究テーマ(例) ・GISを用いた犯罪分布の分析 ―東京都板橋区を事例として―
・飯能市・名栗村の合併に伴う高齢福祉施設の変化と課題
・震災におけるGISの活用
・夜間営業におけるコンビニエンスストアとコンビニ型ドラッグストアの立地分析 ―千葉県佐倉市を事例として―
・小売業の商圏分析と購買行動分析 ―埼玉県飯能市のスーパーマーケットを事例に―
・東京都世田谷区における高級志向店と低価格志向店の市場分析
・GIS上での評価点モデルの応用 ―川崎市多摩区におけるコンビニエンスストアを事例として―
・原宿における美容室の立地
・杉並区におけるファミリーレストランの立地分析
ゼミ行事 ○ゼミ合宿
○ゼミ都内巡検
卒業後の主な進路 パスコ、ESRIジャパン、ゼンリン、昭文社、きもと、JTB、東武トラベル、大和ハウス工業、ファミリーマート、日本地図センター、気象庁、総務省、消防庁、埼玉県警、地方公務員、海外留学、日本大学大学院 など
ゼミのウェブサイト http://chiri.chs.nihon-u.ac.jp/seminar/kohsaka/toppage.htm