専任教員紹介

落合 康浩(Yasuhiro OCHIAI)
静岡県出身 1962年生

どのようにして人々は地域空間の中で行動するのか
私は、地域空間における人々の行動について研究しています研究しています。中でも人々が自由時間に自由意志で行うレジャー行動を主要な研究テーマとし、大都市圏をはじめ地方や海外における地域で研究を進めています。また、レジャーの一形態である観光についても、地域住民による観光への対応の実態を分析することで、地域資源を生かした観光のあり方について研究しています。

PHOTO

パキスタン・ゴジャール地域の 伝統的家屋での地域調査の様子

詳細情報

研究内容 行動地理学,文化地理学、観光地理学、地域研究(国内・海外)
主な担当講義 <学部>
地理学の基礎1・2,社会地理学,ヨーロッパ地誌,観光地理学,ツーリズム論,地理学課題研究1・2,地理学卒業研究1・2
<大学院>
観光地理学特論Ⅰ・Ⅱ,歴史地理学特論Ⅰ・Ⅱ,人文地理学調査法Ⅰ・Ⅱ
主要業績 ・首都圏に居住する大学生の非日常的な外出型レジャー行動の空間パターン,日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要,34,61-72(1999).
・パキスタン北部地域パスー村における住民の生活実態,地理誌叢,40,2,52-64(2000).
・パキスタン北部地域ゴジャール地区の観光地化と地域変容,地理誌叢,41,31-43(2000).
・パキスタン北部地域ゴジャール地区におけるエコツーリズムの可能性,地理誌叢,42,2,27-38(2001).
・パキスタン北部地域パスー村における生活様式の変化-住民の地域振興策・観光業への取り組み-,日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要,39,69-78(2004).
・パキスタン北部地域ゴジャール地区の地域開発による生活の変化(共著),地学雑誌,133,2,312-329(2004).
社会的活動 日本地理学会代議員,経済地理学会編集委員

ゼミ情報

ゼミ名 行動地理学研究室
指導分野・ゼミの概要 落合ゼミは、地域における人間の行動、文化、商業、地域開発、観光など人間の生活と地域社会との関わりを追求する人文地理学のテーマについて、具体的な地域を取り上げて研究しています。毎週金曜日に開かれるゼミの時間には、個々の研究経過を随時発表し、教員とゼミ生全員による討論を行って、研究方法・内容を改善しながら深化させ、3年生は卒論テーマの決定を、4年生は卒論の完成を目指します。また、年間行事として合宿・巡検などゼミ生が主体となる企画を実施し、相互の理解を深めるとともに、共通目標に協力して当たることで、ゼミとしての一体感をもてるように努めています。
卒業研究テーマ(例) ・グリーンツーリズムによる地域振興の可能性について
・日本に長期滞在する外国人のレジャー行動にみられる特徴
・八王子市南大沢における郊外型シネマコンプレックス利用客の特性
・兵庫県豊岡市におけるかばん産業の変遷と現状
ゼミ行事 【4月】
○卒論テーマ最終決定・・・4年生の卒論テーマを決定します。
【6月】
○卒論中間発表・・・4年生の卒論の章立てを検討します。
【8月】
○巡検・・・3年生が全員参加する巡検を実施します。
【11月】
○櫻麗祭・・・3年生が主体の模擬店を出店します。
○3・4年生合同ゼミ合宿・・・4年生は卒論のプレ発表。3年生は卒論の展望を発表します。
【12月】
○卒論仮提出
卒業後の主な進路 教員、大学職員、小売業、商社、広告業、流通業、外食産業、レジャー産業、鉄道、不動産業、金融業、など