専任教員紹介

関根 智子(Tomoko SEKINE)
岩手県出身 1965年生

居住地の生活環境評価システムを開発する
GIS(地理情報システム)を使用して、スーパーマーケット、病院、金融機関などの生活関連施設への近接性から、居住地の生活環境を評価する研究をしています。特に、Web上でユーザーが任意の地点に対して、利用したい施設の種類、施設までの希望する所要時間や施設の質などを入力すると、それらに基づいて生活環境を評価するシステムの開発を目指しています。このシステムは、居住地を選択する場合の一助になると考えられます。

PHOTO

生活環境分析(医療施設への近接性)

詳細情報

研究内容 地理情報科学,生活環境
主な担当講義 <学部>
地理情報システム(含実習),地理情報科学,GIS分析法(含実習),地理学課題研究1・2,地理学卒業研究1・2
<大学院>
環境情報科学特論Ⅰ・Ⅱ,自然地理学調査法Ⅰ・Ⅱ
主要業績 ・GISの社会貢献(共著),『地理情報科学:GISスタンダード』古今書院,154-163(2015).
・GISを使用した『出雲国風土記』と『延喜式』に記載されている神社の空間分析について-出雲郷の神祇官社(式内社)を事例として-,日本大学文理学部情報科学研究所年次研究報告書,15,59-65(2015).
・東京都心部における街区に基づく中心業務地区の設定と地域分類,日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要,49巻,21-28(2014).
・GISによる『出雲国風土記』の地図化の一試論(共著),日本大学文理学部情報科学研究所年次研究報告書,14,19-27(2014).
・国勢調査小地域集計と用途別建物空間量からみた町丁目の人口特性の考察,Sinfonica研究叢書 小地域統計を利用した都市地域分類に関する研究,53-68(2013).
・用途別建物面積による東京都足立区の地域分類,日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要,47巻,53-62(2012).
・都市地域分類に関わる統計的に難しい諸問題,ESTRELA,214号,10-15(2012).
・東京都心部における中心業務地区(CBD)の設定と内部構造の分析,地理情報システム学会講演論文集,20巻,(2011).
・国勢調査小地域集計を利用した社会・経済的特徴の抽出-東京都23区を事例として-.統計,61(4),16-22(2010).
・商業施設間のトリップ連鎖分析-週末における福岡市天神地区の事例-(共著),地域学研究,38(3),789-804(2008).
・地理情報技術のビジネスへの応用(共著),地学雑誌,117(2),455-463(2008).
・建物レベルでみた近接性の測定と町丁目レベルの近接性の比較-東京都足立区北東部を事例として-,地理学評論,81(2),76-87(2008).
・『GISを利用した社会・経済の空間分析』(共著),古今書院(2005).
・国勢調査小地域統計の空間分析,統計,55(8),20-26(2004).
・近接性の時空間的安定度の分析-千葉県松戸市の眼科医院を事例として-,地理学評論,76(10),725-742(2003).
社会的活動 地理情報システム学会代議員,編集委員会副委員長
国土地理院G空間EXPO Geoアクティビティコンテスト選考・審査委員

ゼミ情報

ゼミ名 関根智子研究室
指導分野・ゼミの概要 指導分野は、地理情報システム(GIS)を使用して、施設への近接性(施設の立地や配置)、都市の生活環境評価、歴史的事象の可視化、都市構造、道路ネットワークに関する交通関係の研究、Web-GIS(地図の視覚化、分析のシステム化)などです。
GISソフトウェアのArcGISを使用して分析を行っています。これらのソフトウェアのほかにも、モバイルGISソフトウェアやGPSを使用して道路・交通条件データの取得方法の確立などを行っています。
卒業研究テーマ(例) ・GISを用いた若齢者と高齢者の生活関連施設への近接性の地域的差異に関する研究-東京都世田谷区を事例として-
・福島県県中域における医療施設への近接性の評価
・人口増加に伴う保育施設の最低配置について-千葉県流山市を事例として-
・GISを利用した新宿区周辺における歩行移動距離および迂回率の分析
・渋谷駅周辺の流動者数と建物用途の関係について-1986年~2012年までの分析-
・居住地区からみた最短道路距離による小・中学校区の設定と通学路の危険個所に関する研究
・道路ネットワーク分析とティーセン分析による駅勢力圏の比較-東京都世田谷区を事例として-
・東京都における多変量解析を利用した駅の分類について
・GISを利用した駅の立地選定に関する分析-江戸川区のメトロセブンを事例として-
・鉄道使用時における時間距離・費用距離からみた近接性の研究
・交通機関停止時における徒歩帰宅者の橋梁への移動者数の推計
・夜間と昼間における避難所への避難者数の相違に関する研究-東京都杉並区を中心とした5区2市を事例として-
・東京都23区におけるひったくりの発生と居住地区の特性との関係
・埼玉県における交通死亡事故発生地点の分布と特徴
・和歌山県におけるインフルエンザ感染症の空間的拡散に関する研究
・GISを利用した江戸の土地利用と近接性についての分析
・東京都千代田区におけるフードデザート問題に関する研究―街区から店舗への近接性と価格の側面からの分析―(修士論文)
ゼミ行事 ○都内巡検
○追出しコンパ
卒業後の主な進路 アジア航測,ウェザーニュース,ESRIジャパン,ゼンリン,パスコ,国際航業,山形銀行,NTT東日本,JR東日本キオスク,東京メトロ,全日空システムズ,旭化成ホームズ,三国コカコーラボトリング,パラッツァオ東京プラザグループ,キューソー流通システム,東京都,珠洲市,静岡県教員,財団法人統計情報研究開発センター,日本大学大学院
ゼミのウェブサイト http://chiri.chs.nihon-u.ac.jp/seminar/sekine/index.html