大学院概要

日本大学大学院理工学研究科地理学専攻の修士課程(現博士前期課程)と博士課程(現博士後期課程)は、それぞれ1963(昭和38)年と1965(昭和40)年に設置されました。設置以来45年以上に及ぶ歴史を持っており、多くの人材を輩出してきた伝統のある大学院です。カリキュラムにある講義のほか、全教員と全大学院生が集まって討論が行われる大学院合同ゼミおよび、分野別に行われるグループゼミが開催されます。また、大学院生は、学部生とは異なる以下のような研究環境が用意されています。

・大学院生室の利用(原則1人に机1台)
・地理学科書庫の利用
・コピーカード(2000枚/年)の配布
・入校カードの配布

大学院ゼミの様子大学院生室(博士前期課程)大学院生室(博士後期課程)

過去の学位論文

最近の博士論文タイトル一覧

・トロントにおけるポルトガル系コミュニティと都市空間の変容
・東京都区部における人口と世帯の高密度分布とその特徴
・わが国の地方鉄道の地域振興に果たす役割
・高齢社会に向けた都市居住者の余暇活動の実態に関する研究
・上海市の中心市街地再開発と再開発に伴う居住者の都市内移転
・新潟県頸城平野における大規模稲作経営体の成立要因に関する研究
・フィリピン・ルソン島中央平原パイタン湖周辺における後氷期以降の環境復元
・カラコラム山脈における氷河の形態を考慮した近年の氷河変動と気候変動の関係に関する研究
・公的医療施設の立地-配分分析:新潟県上越医療圏を事例として

最近の修士論文タイトル一覧

・長野県野沢温泉村における外国人観光客と民宿型スノーリゾートの変化
・人口特性を考慮したコンビニエンスストアの立地分析ー八王子市を事例としてー
・伊香保温泉における外国人観光の実態と課題
・千葉県都川流域における植物珪酸体化石を用いた完新世後期の植生分布復元
・石川県旧高松町におけるゴム織物業の展開とその存続要因
・東京湾久里浜‐金谷航路の存続形態
・アンコール・ワット西参道におけるラテライト石材の風化プロセス
・フィリピン・パンパンガ川流域における雨季の降水特性とモンスーンの季節内変動との関連性
・千葉県八街市における落花生産業の存続形態
・ボリビア・アンデス山岳域における近年の気候変化と総観場の関係
・高齢者の施設への近接性の分析―東京都心部を事例として―
・東京都足立区における自転車盗の発生地点の分布とその形成要因に関する研究
・長野県諏訪市における清酒業の存続形態
・関東地方における光化学オキシダントの高濃度化と時空間変動に関する一考察
・房総丘陵渓流部にみられる「川廻し」を利用した岩盤河床の下刻速度の推定
・東京都千代田区におけるフードデザート問題に関する研究―街区から店舗への近接性と価格の側面からの分析―
・静岡県伊東市南部における「伊豆高原」の空間的拡大と実質化の過程

各種奨学金制度

日本学生支援機構の他に,大学独自の奨学金制度(給付型)があり,院生に対する研究支援制度は充実しています。

・学会発表出張奨学金 (国内外で学会発表をする際に旅費の補助金が支給されます)
・学術論文奨学金 (学会誌に論文を掲載された際に奨学金が支給されます)
・博士後期課程奨学金

他にも、文理学部奨学金、後援会奨学金、古田奨学金、ロバート・F・ケネディ奨学金等さまざまな奨学金制度があります。