取得できる主な資格

地理学科では、学科専門の授業を受講することで、卒業後「測量士補」や「GIS学術士」、「地域調査士」の資格を取得できます。
そのほか地理学科に関連した資格としては、教員免許(高等学校【地理・歴史科、理科】、中学校【社会科、理科】、小学校)、学芸員、図書館司書などがあります。これらの資格を取得し、その方面に就職した学生も多くいます。

教員免許 ※教職科目の習得が条件です

高校教諭1種免許
(地理・歴史、理科など)
中学校教諭1種免許
(社会、理科)
小学校教諭2種免許
(ただし玉川大学通信教育部での履修が必要)

その他免許・資格

測量士補(卒業後の申請が必要です)
技術者として基本測量や公共測量に従事することが可能な「測量士」の作製した計画に従い、測量に従事する者のことです。国土地理院に登録することで取得できます。なお、2年以上の実務経験もしくは専門養成施設において専門知識・技能を修得すると「測量士」の資格が取得できます。
GIS学術士 (卒業後の申請が必要です)
GIS(地理情報科学および地理情報システム)の学術を持ち、地理情報をコンピュータ上で地図化することで表示し、分析・考察できることを証明する資格です。(社)日本地理学会から認定を受けます。
地域調査士(卒業後の申請が必要です)
自然、社会、人文の諸現象を含む「地域の総合科学」である「地理学」をベースとして、地域診断、環境評価、地域計画などを実践する能力を有する「地域調査の専門家」のことです。(社)日本地理学会から認定を受けます。
学芸員(学芸員コース科目の習得が条件です)
博物館職員として博物館資料の収集、保管、展示及び調査研究などの事業を行うことのできる国家資格です。
図書館司書 (司書コース科目の習得が条件です)
公共図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れ、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行うことのできる国家資格です。