ゾビラックス200mg(アシクロビル)

ゾビラックスクリーム

 

 

 

 

 

ゾビラックスの特徴【通販リサーチ】

アシクロビルを有効成分とする「ゾビラックス」は主にヘルペスの症状緩和に用いられます。個人輸入通販では、錠剤タイプ200mgとクリームタイプのものが購入できます。グラクソ・スミスクライン社(GSK)の先発品でも1錠50円の低価格で通販可能です。

ゾビラックスのヘルペスに対する再検査率の高さは、市販後の使用成績の抜粋によって証明されていると考えられます。6年間で8,625人のゾビラックス使用者を調査したところ、94.78%(8,175/8,625)の人が効果を報告しています。

ゾビラックスは、製薬会社グラクソ・スミスクライン社が販売している抗ウイルス剤です。ゾビラックスの有効成分はアシクロビルで、ウイルスの増殖を抑制する薬です。錠剤、顆粒剤、点滴静注用の製剤があります。ヘルペスウイルスを引き裂く薬ではなく、ヘルペスウイルスの増殖を抑える薬なので、ヘルペスウイルスがある程度増殖していると効果が出ません。早期消化や早期発症の時に投与することで、一定の効果が得られると思います。手軽にヘルペスを治したいという方にはお勧めです。

ゾビラックスの有効成分であるアシクロビルが発見されるまでは、主なスタイルであるヘルペスウイルスに効果のある成分は存在せず、症状を抑える対症療法のみが行われていました。

世界各地でヘルペス治療薬として有名な「バルトレックス」と似た効果が期待できるお薬です。主成分はアシクロビルで、ヘルペスウイルスの繁殖を抑えるために作られた抗ウイルス剤で、ヘルペスや水ぼうそう、帯状疱疹などのウイルスに効果があります。

医薬品開発で高い評価を得ているグラクソ・スミスクライン(GSK)社製の「ゾビラックス」は、ヘルペスなどの皮膚疾患の治療薬です。また、ヘルペスを治すための新しい方法を模索している方にもお勧めです。口唇ヘルペスは、唇の周りに症状が現れる病気です。赤い鉱泉のようなぶつぶつができ、かゆみや痛みが気になるようになります。悪化すると、食事ができないほどになります。

ゾビラックス点滴静注用は、免疫力が低下した病人の帯状疱疹、水痘、帯状疱疹の治療に使われます。単純ヘルペス、水痘・帯状疱疹ウイルス、新生児の単純ヘルペス接触感染による脳症や髄膜炎にも実施されています。

抗ウイルス剤の一種で、性器・口唇ヘルペス、帯状疱疹、信じられないほどの飲水嘔吐などに効果があります。ゾビラックスの効果により、真っ赤なブツブツや帯状疱疹などの病気の異常を最小限に抑え、回復までの時間を短縮することができます。性器ヘルペス、口唇ヘルペス、帯状疱疹に悩む購入者にお勧めするとともに、再発時の保護薬として持っていた方が良いと考えています。