ゾビラックス200mg(アシクロビル)

ゾビラックスクリーム

 

 

 

 

 

ゾビラックスの特徴【通販リサーチ】

ゾビラックスはヘルペスの治療に使われるお薬で、症状が現れはじめた段階で使用すると効果的だとされます。ヘルペスは急に症状がでるため、自宅にある程度保管しておきたい人も多いかと思います。個人輸入通販なら手軽に購入できますので、数箱まとめ買いしておくと安心です。

有効成分のアシクロビルは、ウイルスにさらされた細胞内で活性型の状態で容易に利用できるため、正常な細胞に対する毒性は低いですい。内服薬の場合、アシクロビルは消化管からの吸収が粗いため、大人は1日5回、子供は1日4回と頻繁に服用する必要があります。関節炎、関節リウマチ、糖尿病など様々な症状の治療にも用いられます。

ゾビラックスのヘルペスに対する有効率の高さは、発売後の使用ポイント数の比較でも証明されています。発売後6年間に8,625件のゾビラックス使用ポイントを調査したところ、94.78%(8,175/8,625件)が改修されていました。アシクロビルは、DNA複製のテーマである資源酸の成分として非常に頻度が高く、細胞内に流れ込み、誤ってDNAに取り込まれてしまいます。また、アシクロビルは非常に有効な抗ウイルス剤としても知られています。

ゾビラックスを使用した場合と放置した場合では、不具合が発生してから復活するまでの日数に意味のある差が出ています。日本性感染症学会が発表・作成したアドバイスによると、高熱を伴う急性型のヘルペスは自然治癒に2~3週間かかるのに対し、ゾビラックスなどの治療薬を投与した場合は1~2週間で再生が可能とされています。ヘルペスの治療には、アシクロビルを使用するのが一般的です。

製薬会社として認知度の高いグラクソ・スミスクライン(GSK)が販売している「ゾビラックス」は、ヘルペスなどの皮膚疾患の治療薬です。有効成分のアシクロビルは、病気の原因となる細菌の動きや成長を抑制することで、ヘルペスやかぶれ、帯状疱疹などの皮膚疾患を殺し、緩和します。

ゾビラックスは、単純ヘルペスウイルスI型、単純ヘルペスウイルスII型、水痘・帯状疱疹ウイルスの増加を抑制する働きを持つ薬です。何度も再発するヘルペスの場合、そわそわしたりヒリヒリしたりする兆候があった時点でゾビラックスを服用することで、病気の不快感の発生を抑えることができます。

ゾビラックスは、接触性ヘルペス感染症の治療薬として1988年に初めて販売されました。また、日本では2007年から口唇ヘルペスの一般的な治療薬として販売されています。この薬は、ヘルペスウイルスの遺伝子である幼若なDNAの増加を抑制することで効果を発揮します。つまり、ヘルペスウイルスがそれ以上増えず、繁殖できない状態になります。