サビトラ20mg

 

 

 

バリフ20mg

 

 

 

 

 

サビトラの特徴【通販 グリーン薬局】

サビトラ(Savitra)はサバ社が開発したレビトラのジェネリック版です。ベストケンコーなどの格安通販サイトでまとめ買いすれば、1箱10錠入りが1,000円ほどになります。ベストケンコーでは月間1万個以上売れる人気商品です。

サビトラはレビトラと同等のED治療薬の一種です。レビトラと同じ有効成分バルデナフィルを20mgと多く摂取することを包含しており、ドイツのバイエル社のジェネリック版として販売しています。

ED薬は食事と一緒に服用すると効果が薄いと言われています。しかし、サビトラは、ノルマルミール(カロリーに占める脂肪分がおよそ30%)であれば、食後に服用しても勃起誘発効果の悪化は含まれていません。バイアグラとの違いは即効性に対処しており、約1時間の飲用後に最も大きな効果が得られるとされています。バイアグラとの大きな違いは、その後の長い期間に渡って効果を発揮することです。

サビトラの場合、薬を飲んだ後すぐに効果が出るのが特徴です。有効成分はバルデナフィル塩酸塩水和物で、PDE5という酵素を選択的に阻害するPDE5阻害剤です。cGMPは、性的な働きかけを受けたときに体内で生成されます。身体は性的な励ましを受けるとcGMPを生成しますが、生成されたcGMPはPDE5によって解体され、勃起が弱くなったり陥没したりしてしまいます。

現在、ED治療薬としてはホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害剤が主流となっています。PDE酵素は体内に11種類ありますが、PDE5型は陰茎に存在しています。

サビトラの10mg錠が開発されたのは、通常の20mg錠では体調に合わないという状況で、より強力でない用量から始めることができるからです。10mgは5~6時間、20mgは8時間以上の10時間の効果があるとされています。 アルコールとの併用も可能で、重度の酩酊状態でなければ、サビトラをアルコールと一緒に服用することができます。

サビトラは、EDでお悩みの方、以前から勃起の影響力が低下しているお客様、お客様をより充実した気持ちにさせたいお客様におすすめです。EDの場合、精神的なGMPのバランスが正常に働いていないため、勃起しにくい状態になっています。サビトラ(バルデナフィル塩酸塩水和物)を服用することで、PDE5の自然な働きを阻害し、サイキックGMPの濃度を高め、動脈が弛緩して血液が多く流れるようになり、勃起しやすくなります。

一般的にサビトラは半分の0.5錠(50mg)から服用可能なので、1錠を2回に分けて服用することで、より効果的に勃起を促すことができます。最初から1錠(100mg)飲むと顔のほてりや動悸が強くでる可能性があります。まずは半錠、もしくは1/4錠で様子見することが推奨されています。