レビトラ20mg

バリフ(レビトラジェネリック)

 

 

 

 

 

レビトラの特徴【クスリロイヤル 通販】

レビトラはクリニックだと非常に高額ですが、海外通販サイトから個人輸入すると安く購入できます。また、1回の注文でまとめ買いできるため時間の節約にもなります。ベストケンコーやオオサカ堂では成分鑑定済みの正規品を送料無料で配送してくれます。

国内初のED治療薬であるバイアグラの欠点を補う目的で作られた成分であるレビトラは、多くの点でその効果が認められています。飲料水に溶けやすいという特徴があり、効果の発現が早いのが特徴です。レビトラが日本で初めて承認されたのは2004年4月で、当初は5mgと10mgのみが承認されていました。

当初は5mgと10mgの2種類のみが承認されました。その後、10mg版では糖尿病や脊髄損傷などの勃起不全の患者さんからの反応が良くなかったため、20mg版が検討され、2007年5月に20mg版が承認されました。

有効成分であるバルデナフィル20mgを1錠に配合し、半分に割るだけで体内に取り込むことができるほどの効果があるため、非常にコストパフォーマンスの高い薬です。レビトラはホスホジエステラーゼ(PDE)-5阻害薬に分類されており、バイアグラやシアリスなどの他のED治療薬と同じ思考回路を持っています。

レビトラの有効成分はバルデナフィル塩酸塩水和物です。バルデナフィルは、バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルと非常にモノが似ており、作用のメカニズムも同じになります。レビトラの服用結果は、服用する錠剤の数によって異なります。5mgは73.1%、10mgは85.3%、20mgは86.4%となっています。最も一般的な服用方法は10mgまたは20mgです。

お酒の影響が少なく、食事の影響も受けないのがレビトラです。腹七分目までその有効性が担保されています。飲み方を気にする必要がないので、使いやすいED治療薬です。

レビトラの摂取における食事の影響についての研究結果によると、健康な成人男子24名が標準的な食事(総エネルギー700kcal、脂肪分30%)を食べた直後に20mgの錠剤を服用したところ、空腹時と食後の薬物動態に有意な差は認められませんでした。空腹時と食後の薬物動態に有意な差が認められなかったという記述があります。

体内での満たされやすさから、食べた時の反応はバイアグラと同じようには感じられませんが、満腹点ではやはり濃度が低くなります。そのため、食事の20~30分前、または食後2時間後に食べることが望ましいとされています。

ドイツのバイエル社が開発したレビトラは、3大ED治療薬の中でも特に浸透性の高い薬です。人気の秘密は、服用後15分以内に効果が現れるという特異性と、食事による影響が少ないという使い勝手の良さにあります。

レビトラは、食事の影響を受けやすいバイアグラの不安を解消するために、ED治療薬として商品化されたもので、効果の発現の仕方もバイアグラと似ています。普通の食事(700kcal)の場合、脂肪の合計割合が30%以内であればレビトラの効果は食事の影響を抱きません。