アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

アフターピルの特徴【通販ラウンジ】

海外のアフターピルをネット通販で購入でき、アイピル(iPill)やエラ(Ella)といった商品が人気です。ベストケンコーやオオサカ堂などの有名サイトなら1錠1,000円未満の格安価格で通販可能です。

緊急避妊法とは、無防備な性交や避妊具の取り忘れがあった場合に、ゴムが破れても妊娠を防ぐ方法です。性交に戻ってから72時間以内に緊急避妊用ピルを飲むことで、排卵を抑制し、受精を防ぎ、受精卵が子宮に着床するのを防ぐことができます。アフターピルの副作用の多くは一時的なものですが、症状が3、4日~数週間程度持続したら、早めにクリニックに行って診察を受けてください。

アフターピルの効果は、性行為の後にどれくらい服用するかによって変わります。もちろん、あくまでも割付け理論の話ですから、100%妊娠しないという保証はできませんが、避妊の失敗を自覚しているのであれば、期待通りに服用してください。市販の妊娠スポット薬では自宅でしか確認できませんので、避妊を失敗したかどうかを早めに知りたい場合は、医療機関に相談することが大切です。生理が来ない、またはいつもより生理が遅いと心配している場合は、医療機関に相談すると良いでしょう。

避妊をしないで行為をした場合、ゴムを正しく使用しなかった場合、またはピルを飲み忘れた場合、緊急避妊ピルを服用することができます。緊急避妊用ピルの見かけ上の作用機序は不明です。受精卵が卵管を通って子宮の粘膜に近づくには6~7日かかり、その間に子宮内膜を剥がして妊娠しにくくしたり、排卵を遅らせたり、卵管の動きにダメージを与えたりすると考えられています。

アフターピルはいざという時に有益な薬であり、女性の支えになることで得られる薬とも言えますので、1本持っておくのが正解かもしれません。緊急避妊ピルを性交後72時間以内のできるだけ早い時間に服用することで、排卵を抑制し、受精を防ぎ、受精卵の子宮内への着階層を防ぐことができます。

以前はヤッペ法(プラノバピルを2錠、昼の生理後にさらに2錠)がよく使われていましたが、現在はレボノルゲストレル上が使えるようになり、そちらの方が効果が高く、副作用も少ないため、WHOでは緊急避妊法として推奨しています。残念ながら、ヤッペ法もノルレボ錠も効果は100%ではなく、約97%となっています。緊急避妊は一時的な避妊であり、より確実な避妊のためにはピルを継続的に服用する必要があります。

完全に解明されているわけではありませんが、ピルの最も重要な効果は、卵子の受精を阻害することではなく、排卵を防止または遅延させることだと言われています。排卵前にアフターピルを服用することで、5~7日間は排卵が緩和され、その間に女性器内の精子は受精能力を忘れてしまうと考えられています。