スピロテロール40mcg(クレンブテロール)

 

 

 

リオサイトメル25mcg(リオチロニンナトリウム)

 

 

 

 

 

スピロテロールの特徴【通販パートナー】

スピロテロール(Spiroterol)はクレンブテロール配合の錠剤です。気管支拡張剤としての他、ダイエット目的で使用される方が多いです。オオサカ堂やオランダ屋では1本90錠入りを2,700円ほどで販売し、1錠30円の低コストで通販可能です。

スピロテロールは大手製薬メーカーが製造しており、説明書通りに使用すれば安全に使用できます。有効成分の「クレンブテロール」は交感神経を興奮させ、骨格筋の血管をステップアップさせるために使用され、筋肉増強効果があります。このため、アナボリックステロイドの選択として使用する人もいますが、その際にも含まれています。脂肪を分解する酵素の分泌を促し、筋肉の値を無理なく組織化しにくくするので、これを飲んで有酸素運動をすることで、効率的なカロリー制限が可能になります。

スピロテロールを販売しているWest Curriculum Pharmaceuticals社は、インドの医薬品製造会社です。主にジェネリック医薬品を製造しており、インド国内に留まっています。日本ではほとんど聞いたことがありません。世界47の国と地域で事業を展開しており、WHOのお墨付きも得ています。主にジェネリック医薬品を製造しているため、低価格のものが多く、安全性に優れていると言えます。

クレンブテロールは筋肉の崩壊を抑える効果があるため、減量時のカタボリック(腹筋がないために脂肪ではなく筋肉が崩壊して熱意の源として消費される状態)との相性が良いです。スピロテロールは、塩酸クレンブテロールを有効成分とする気管支拡張剤で、ステロイド剤の誤認識であるため、ステロイド剤特有の副作用がありません。

塩酸クレンブテロールを有効成分とするスピロペント錠は、気管支を広げて呼吸を楽にする薬として日本で承認されています。スピロテロールは喘息薬としては珍しく、尿漏れの治療薬として選ばれることもあります。スピロテロールはジェネリック医薬品であるため、新薬よりも安価で、スピロペントとほぼ同じ役割を果たすことができます。

スピロテロールは、LABA(長時間作用型β2受容体遮断薬)に分けられる薬です。一度服用するとすぐに効果が現れ、35時間という長時間にわたって何度も作用するため、喘息発作の予防に使用されます。クレンブテロール塩酸塩は、日本で承認されているスピロペント錠の有効成分であり、気管支を広げて呼吸を楽にする薬です。

クレンブテロールは、アドレナリンβ2受容体に作用し、気管を広げて呼吸を楽にしたり、尿道の筋肉を収縮させる目的で、喘息、気管支炎、腹圧性尿失禁などに使用されます。

スピロテロールは、筋肉量を維持しながら脂肪を減少させる効果があることから、ボディコンディショナーの減量に使用されている。第3世代のβ遮断薬に分類され、作用時間は8時間を超えて10時間、半減期は35時間と長いです。体温を上げ、ターンオーバーを改善し、脂肪を解消することで、筋肉量を維持しながらダイエットをすることができます。