アバナ(アバナフィル100mg)

アバフォース(アバナフィル100mg)

 

 

 

 

 

アバナフィルの特徴【通販ボックス】

アバナフィルは最先端のED薬である「ステンドラ」の有効成分です。ステンドラのジェネリックには、「アバナ」や「アバフォース」などがあり、値段の安いこれらを個人輸入通販する方が多いです。

アバナの主成分は「アバナフィル」で、日本の製薬会社である田辺製薬が開発に成功し、その展開権・再販権をアメリカのヴィーナス社に譲渡したものです。現在のところ、日本では販売されていないので、他の国で製造されている商品を通販する必要があります。

アバナは有効成分にアバナフィル100mgを含むED治療薬です。世界ではバイアグラ、レビトラ、シアリスに次いで2番目、4番目に人気のある薬です。アバフォースの有効成分は同様にアバナフィルで、1錠に100mgの成分が含まれています。

アバナフィルは行為の直前に服用しても、服用している状況を見逃すことなく、多くの結果を得ることができます。ただし、大量のアルコールを摂取した後にアバナフィルを服用すると、頭痛、めまい、拍動数の増加、血圧の弱体化などの症状が出ることがあります。

男性は外的刺激を受けると、目に見えない(一酸化窒素)が陰茎神経や皮膚の血管部分から放射され、脳から陰茎へと拡散していいきます。すると「cGMP」という陰茎の血管を伸ばす重量物が増え、cGMPによって陰茎の海綿体の血流が増えることで、海綿体のスタイルが硬くなり、勃起が起こります。性的ないい気分が終わると、PDE-5(ホスホジエステラーゼ)と呼ばれる酵素がcGMPに化学反応を起こし、血管を収縮させて勃起が完了します。ED患者はcGMPが少なく、PDE-5が優位に広がっていると言われています。

アバナフィル服用する際には、水と一緒に服用するのが良いでしょう。また、抗うつ剤として、あるいは鎮静剤としても使用できます。

アバナは、勃起不全の治療に効果の高い新成分アバナフィルを配合したED治療薬ステンドラのジェネリックです。従来の勃起不全治療薬を改良したもので、即効性を高め、食事による誘惑を抑えています。Sunrise Remedies社が製造・販売しています。副作用としては、頭痛、顔のほてり、動悸、鼻水などがあります。

アバフォースは、各国で最新のED治療薬として注目されているステンドラのジェネリック医薬品です。即効性と勃起に非常に優れており、食べても効き目が変わりにくく、副作用も軽減されています。世界の多くの地域では承認ゼロの薬ですが、個人輸入通販ではとても人気があります。