デパスの代わりとして人気の商品

 

 

 

 

 

デパスの特徴【通販トレーダー】

デパス(有効成分エチゾラム)の個人輸入は現在禁止されており、オオサカ堂やアイドラッグストアーなどの海外通販サイトから購入することは違法となっています。デパスの代わりの商品も続々と取り扱いが始まっていますので、個人輸入代行サイトを一度チェックしてみてください。

1984年に発明されたデパスの特許は、25年という深刻な期限切れを迎えたため、すでに各国の製薬メーカーが「エチラーム」ジェネリック医薬品の製造・販売を開始しています。デパスのジェネリック医薬品であるエチラームは、抗不安薬、筋弛緩薬、催眠薬、抗けいれん薬の4つの作用を持つ薬となっています。不安や緊張、落ち着きなど、さまざまな病気の治療に使われてきました。このため、様々な内科や心療内科で睡眠導入剤としても使用されています。

エチラームは、1984年に製造された「デパス」のジェネリック医薬品で、身体に落ち着きを取り戻し、入眠を改善することで、不安やストレスを解消することを目的としています。デパスよりも安価で入手可能です。抗うつ薬と抗不安薬は、不安障害を治療する薬で、感情を休めたり、不安や緊張を和らげたり、熱意を落ち着かせたりする効果があります。

「デパス」と「エチラーム」は、不安障害や睡眠障害のほか、うつ病、統合失調症、高血圧症、パニック障害、胃潰瘍などの治療に用いられます。有効成分はデパスと同じエチゾラムです。エチラームは、効果や機能などは基本的にデパスと同じで、必要なコストも低く抑えられています。エチラームは、効いていない筋肉を弛緩させたり、ジリジリとした不安感による睡眠障害に用いられます。眠れないなどの不眠症状に対しては、日本では「ハルシオン」「デパス」が最も多く処方されている睡眠薬です。

エチラームの成分であるエチゾラムは、抗不安神経症、健忘症、抗痙攣、催眠、病的状態、骨格筋弛緩などの心身の障害に効果がある薬です。さらに、エチラームは抗うつ剤だけでなく、頭の筋肉をリラックスさせる作用もあるので、肩こりや背中の真ん中の筋肉がチクチクするといった症状の改善にも適しています。副作用もほとんどないとされていますので、比較的安心してお使いいただけます。

エチラームは、不安やイライラを解消し、精神面を正常にする薬です。感情の端境期に起こる自律神経失調症やうつ病などの病気のほか、高齢者に起こる睡眠障害や不眠症、更年期障害などにも効果があります。

原薬のデパスは精神刺激薬として知られ、うつ病やパニック障害に使用されますが、これらの精神疾患に加えて、心身症による体調不良にも効果があるとされています。また、これらの精神疾患に加えて、心身症などの精神疾患にも効果があります。他の抗不安薬に比べて副作用が少ないとされているため、安全性の高い薬や穏やかな影響を与える睡眠導入剤を探しているユーザーにおすすめです。