プロペシア28錠(EU版)

フィンペシア100錠(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロペシアの特徴【通販 お薬ロイヤル】

プロペシアはオオサカ堂やJISAなどの個人輸入代行サイトからネット通販で購入できます。以前まではオーストラリア版が人気でしたが、現在は取り扱い停止となりEU版(ヨーロッパ版)が最も人気です。フィンペシアやフィナロイドのようなジェネリックでは不安だという男性におすすめです。

フィナステリド1mgを1日1回1錠服用した長期全国調査(3年間)によると、対象者の98%にAGAの進行が見られませんでした。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、髪の成長に関わる2型の5αリダクターゼ酵素に作用し、5αリダクターゼの作用を阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成サイズを小さくし、抜け毛を抑制することで、強力かつ目に見える育毛効果を発揮します。

日本で行われたプロペシアの臨床試験では、対象患者(132名)の98%が前頭部・頭頂部の髪の毛が少ないという悩みを捨てることに成功しました。この臨床試験の対象者は、AGAを発症した20代から50代の男性でした。臨床試験では、プロペシアを通常1日1錠、約6ヶ月以上服用しました。

プロペシアは、世界で最も権威のある男性型脱毛症の治療薬で、日本ではMSD株式会社が販売しています。1錠あたり、5αリダクターゼ阻害剤であるフィナステリドを有効成分として1mg含有しています。進行性の疾患であるAGAを改善するためには、プロペシアなどの治療薬を継続して服用することが重要です。長い期間飲み続けても、プロペシアは抵抗する力をつけることができません。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、前立腺肥大症の治療にも使用されています。前立腺肥大症の治療薬の発明において、抜け毛の減少や発毛などのAGAの症状を改善することが確認され、AGA治療薬としての関心が注目されるようになりました。プロペシアの有用性は、影響のないプラセボ薬(135点の高評価)を服用した相談者のグループで確認することで実証されています。プロペシアを服用して3ヶ月(12週間)経過した時点で、髪の毛が乏しくなる経路が、プラセボ薬を服用した投与グループよりも遅くなっていることが確認されています。

プロペシアは、AGAの原因である男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制する働きがあります。DHTには、頭髪の元となる毛母細胞を損傷する作用があり、DHTの増殖を抑えることで、抜け毛や髪の毛が少ないといった症状の修復を目指します。発毛効果を持続させるためには、プロペシアを継続的に服用することが重要です。プロペシアの服用をやめてしまうと、服用を始める前の状態に戻ってしまいます。

継続して服用することが低毛改善の近道です。すぐに効果が出ないからといって、服用をやめないことが大切です。プロペシアを6ヶ月間服用し、経過を観察してみてはいかがでしょうか。それでも効果が実感できない場合は、フォリックスやロゲインなどのミノキシジル育毛剤との併用も検討してください。