トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ルプラックの特徴【通販ショッパー】

ルプラックは今注目の利尿剤で、血圧改善の他にダイエット(むくみ解消)のためにも使用されます。個人輸入通販では「トール」や「第トール」というジェネリックが人気です。ベストケンコーやオオサカ堂では送料無料の格安価格でルプラックを販売しています。

トラセミドを含有する「ルプラック」は、むくみの治療に高い有効性が期待されています。ルプラックに代表されるトラセミドを含む利尿剤は、欧米をはじめ世界各国で承認されており、日本でもルプラックの商品名で親しまれています。ラシックス(フロセミド)よりも「効き目が強く、効き目が長い」と言われており、フロセミドの副作用であるカリウム欠乏症も起こりにくいと言われています。

ルプラックの有効成分であるトラセミドには、カリウムの排泄を抑えるカリウム保持作用(抗アルドステロン作用)があります。一般的なループ利尿薬であるラシックスなどのフロセミド製剤に比べ、ルプラックなどのトラセミド製剤はより強力な利尿作用を持つ。トラセミドの利尿作用はフロセミドのおよそ10~30倍で、むくみを取る効果も10倍近くあります。

ルプラックのジェネリック「ダイトール」(DYTOR)は、インドのシプラ社が製造・販売しています。シプラ社は、インドのムンバイに本社を置く製薬会社で、その歴史は1935年の創業にまで遡ります。シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インドのジェネリック医薬品市場では大きなシェアを占めています。トールは、日本ではあまり知られていませんが、インドではジェネリック医薬品市場で大きなシェアを占めています。

ルプラックの1錠には、強力な利尿薬であるトラセミドが10mg含まれています。1錠あたり10mgのトラセミドは、日本で推奨されている第一段階の摂取容量の約2倍であり、医薬部外品として分割して服用することで完璧な効果を得ることができます。ルプラックは、その量を減らすことが確認されています。ルプラックは、体内の余分な水分を排出してむくみを解消する利尿剤で、体内の未使用の水分を分泌することにより、いくつかの疾患による浮腫みの治療に使用することができます。

ルプラックの降圧効果は、継続して服用しようとすると高まります。ほとんどの場合6週間で効果が最大になりますが、12週間以上で効果が強くなるケースもあります。ルプラックだけでは血圧の低下が不十分な場合は、血管の発達を促す降圧剤と併用することで、より身近な降圧効果を得ることができます。

ルプラックは、ラシックスの代用品として親しまれている利尿剤です。利尿作用はラシックスの約10倍と言われていますが、血圧を下げる効果は時々低レベルになる程度で、できれば安心して使いたいものです。体内の有害物質が排泄されずに体内に残ると、細胞が水太りして腫れてしまいます。また、脂肪細胞に変化して体内に残り、脂肪やセルライトの原因となるため、むくみを解消したい人に人気があります。