ゾロフト50mg

ダキシッド(ゾロフト・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ゾロフトの特徴【通販リサーチ】

ゾロフトはユニケム・ラボラトリーズ社が製造するジェイゾロフトと同一成分配合の商品です。ベストケンコーやオオサカ堂などの個人輸入代行サイトでは格安価格で通販可能で、25mgなら1錠20円ほどで販売されています。50mg・100mg版のゾロフトの在庫もあります。

ゾロフトは、予期せぬ突然の動悸や息切れ、強い不安感を伴うパニック障害や心的外傷後ストレス障害(PTSDまたは心的外傷)の治療に効果があるとされています。ジェイゾロフトは、日本では比較的新しい薬ですが、欧米では1990年頃から使用されており、世界的に使用されている抗うつ薬です。

近年、女性特有の思春期、妊娠、出産などで女性ホルモンが倍増したことや、男女の社会的責任や設定が分離されたことなどにより、女性も男性もうつ病やパニック障害、心的外傷後ストレス障害などを発症しやすくなっています。ジェイゾロフトのような薬のおかげで、雇用に対処しながらこれらの障害を治療することが可能になりました。他の抗うつ剤に比べて効き目が穏やかなので、着実に安全に治したい方にお勧めです。

ジェイゾロフトは第三世代の抗うつ剤で、心理的な不都合を幅広く改善します。従来の抗うつ剤にはいっぱいあった口渇や便秘などの副作用が軽減されて取り入れられています。これまでの抗うつ剤は、眠気や倦怠感などの副作用が多く、摂取するタイミングが難しいと言われていましたが、ジェイゾロフトは従来の抗うつ剤とは異なり、副作用が少なく安心して使用することができます。また、主成分のセルトラリンは、うつ病だけでなく、パニック障害や不安障害などの悪い部分にも効果があります。

ゾロフトはSSRI系の抗うつ剤で、中枢神経系のセロトニンの濃度を高める作用があります。抗うつ効果が高く、副作用が少ないことから、うつ病をはじめとする多くの精神疾患の治療に様々な形で使用されています。本剤は、1990年に英国で、1991年に米国で、うつ病の治療薬として承認されました。その結果、英国では1990年に、米国では1991年に、うつ病の治療薬として承認されました。うつ病は誰にとっても身近な病気と言われています。憂うつな気分、希望・心の行動・期待の弱さ、イライラ、睡眠障害、食欲不振、変わり映えのしない悲しみ・不安などを特徴とする代表的な精神疾患の一つです。

ジェイゾロフトは、うつ病やパニック障害に使用されるうつ病治療薬で、ファイザー社が開発しました。ジェイゾロフトは、落ち込んだ気分や状態を改善し、存在しないエネルギーを変えようという意欲を持たせるために、ファイザー社が開発した鬱病薬です。ジェイゾロフトは、ファイザー社が開発したSSRI抗うつ剤です。有効成分であるセルトラリンは、セロトニンが神経系に関与する度合いを決定することで作用する傾向があります。既存のSSRI(セロトニン欠乏抑制剤に分類される)抗うつ剤で、副作用が少ないのが特徴です。