アボダート(デュタステリド0.5mg)

デュタボルブ(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

デュタステリドの特徴【通販ボックス】

デュタステリドはフィナステリドより強力な効き目があるとされ、AGA業界で今最も注目されている成分です。国内で販売されている「ザガーロ」と同一の海外製品をネット通販で個人輸入できます。大手代行サイトのオオサカ堂やJISAでは、アボダートやデュタボルブ、デュタス、デュタプロスなどが人気です。

AGA(男性型脱毛症)治療については、日本皮膚科学学会が策定した2017年版の男性型脱毛症の治療ガイドラインを参考にするのが良いでしょう。このガイドラインでザガーロの有効成分である「デュタステリド」は最高評価のAランクを獲得しています。

デュタステリドを服用することで、AGAの原因となる5αリダクターゼの役割を軽減し、髪の毛の生え変わりの回転を正常化することができます。5αリダクターゼにはI型とII型の2種類があり、それぞれの型で抜け毛の原因が異なります。AGA治療薬は万能薬ではなく対症療法であり、加齢により髪の代謝サイクルがマイナスになってもAGAは進行するはずです。AGAは対症療法であって治療法ではないので、薬を飲み続けなければなりません。最低でも6ヶ月は欠かさずに服用することが大切です。180日経っても改善が見られない場合は、服用を中止してください。

現在、AGA治療の主流は、フィナステリド(プロペシア)とミノキシジル外用薬です。フィナステリドは元々、前立腺肥大症とそれに伴う高血圧症の治療薬として作られましたが、臨床試験の結果、副作用の一つにAGAを変化させる作用があることがわかり、その後、最先端のAGA治療薬として検討されるようになりました。

ザガーロの主成分であるデュタステリドは、AGAの原因であるI型とII型の両方の5αリダクターゼに作用しますが、AGA治療薬のプロペシア(主成分:フィナステリド)はII型の5αリダクターゼにのみ作用するため、プロペシアよりも高い治療効果が期待できます。プロペシアはⅡ型の5αリダクターゼにのみ作用します。プロペシアでは発毛の現状を継続することしかできなかった方でも、ザガーロ0.5mgを使用することで発毛の効果を実感することができます。

アボダートは、前立腺肥大症の治療薬としてアメリカFDAに承認されている先発医薬品です。アボダートは世界中で様々なブランドで販売されており、日本ではアボルブという愛称で前立腺肥大症の治療薬として処方されています。AGAの原因は、5αリダクターゼという酵素が、男性ホルモンのテストステロンにくっついてジヒドロテストステロンを生成し、髪の成長のテンポを乱すことにあります。この酵素の働きは、主に皮脂腺に存在する「1型5αリダクターゼ」と、髪の毛が脂っぽくない人に存在する「2型5αリダクターゼ」に分けられます。