ビマット(ルミガン・ジェネリック)

 

 

ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ビマットの特徴【通販マルシェ】

ビマット(Bimat)はルミガンと同一成分を含む商品で、まつ毛のボリュームを短期間で改善するものです。ジェネリックのケアプロストとよりもリーズナブルな価格で通販できることから最近人気がでてきています。大手通販サイトのベストケンコーでは1箱800円ほどで販売しており、こちらが現在の最安値となっています。

ビマットやグラッシュビスタの有効成分であるビマトプロストは、もともと「ルミガン」という緑内障治療用の点眼薬として販売されていました。1日1回の服用で、眼球内の圧力を下げて緑内障を改善するために使用されます。ルミガンは、現在でも世界で最も広く使用されている緑内障治療用点眼薬の一つです。

ビマットは、1日1回、寝る前にアプリケーターでまつ毛に塗布します。上まつげの根元にのみ使用し、皮膚が見えにくく色がにじみやすい下まつげには使用しません。使用前には、メイクを落とし、肌を清潔にし、スキンケアをしてください。レンズは必ず外してから使用してください。

ビーマットはメラニンの合成を促進し、まつ毛の色を濃く保つ効果があります。まつげの色が濃くなると、主要な着色料で染めたようになり、目元が華やかに輝いて見えます。このまつげの生え際の病気の人の人気度は、全体で55.7%でした。2分の1以上の方が、自分のまつげに達成感を得ることに成功しています。

アメリカで行われた臨床試験では、アジア人の72.2%(18人中13人)が、使用開始から161週目までにまつ毛の増加を報告しています。主な効果としては、毎日まつげが2倍になるのを合計1~2ヶ月間見ることができ、使用を中止すると、まつげは徐々に元の状態に戻っていきます。

ビマットには、虹彩やまぶたが自然な色合いになり、目の周りの皮膚が自然な色合いになるという副作用があります。この着色された自然な揺れは、使用を延長することで進行し、使用を中止することで徐々に消失することがあると言われています。市販のまつげ美容液は、その穏やかな力ゆえに医薬品としては認められていません。ビマトプロストを配合したまつげ育毛剤は、まつげの生育不良に対する治療薬として医学的に認可されているため、はるかに効果が高く、誰もがうらやむ存在となっています。

ビマットの有効成分であるビマトプロストは、毛包細胞を刺激してまつ毛の成長期を継続させ、成長を促します。また、メラニンの生成を活性化し、まつ毛の色を濃くします。ビマットはルミガンのジェネリック医薬品で、有効成分であるビマトプロストは、米国アラガン社が新たに合成して実用化した成分で、瞳孔圧に強力な効果を発揮します。

ルミガン・ジェネリック(ピマット)の主成分は、緑内障治療薬にも使われるビマトプロストですが、まつ毛が増えるなどの副作用が発見されたことから誕生しました。平均してまつ毛の本数が25%、密度が106%、色の濃さが18%もアップしたということで、今ではまつ毛美容液として人気があります。日本では、ビマトプロストを配合した「グラッシュビスタ」という商品が、2014年3月にまつげの成長不良の治療薬として発売されました。