クロミッド・ジェネリック(Klomen 50mg)

 

 

 

メダナボル10mg(メタンジエノン)

 

 

 

 

 

クロミッドの特徴【通販 エージェント】

クロミッドは排卵誘発剤として使われるのが一般的ですが、ネット通販で個人輸入する方の多くはアナボリックステロイド(筋肉増強剤)の副作用を抑えるケア剤として使用しています。オオサカ堂などの大手個人輸入代行サイトでのみクロミッドは取り扱いがあります。オキシポロンやメダナボルなどと同様に偽物が多い商品ですのでご注意ください。

クロミッドのジェネリックである「クロメン」(Klomen)は、排卵障害による不妊症の治療に用いられる薬で、主成分は排卵誘発剤と同じクエン酸クロミフェンです。人工的に排卵を起こさせる働きがあるため、通常の排卵がない人や、排卵日がバラバラで不安定な人が月に1回服用します。このような排卵を促す薬を排卵誘発剤といいます。

不妊症の治療にはいろいろな方法がありますが、これらの薬は費用も時間もかからないので、治療の第一選択になることが多いようです。この薬を服用した女性のほぼ75%から80%が正常に排卵することができ、そのうち約40%から50%の消費者が妊娠に至ります。女性のための薬として有名ですが、実は男性不妊症の治療のために男性が服用することもある薬なのです。男性不妊の原因のひとつに精子の元気のなさがありますが、クロメンを服用することで元気な精子が作られるようになります。

FSHは夫、妻ともに生殖細胞の成熟を促進し、男性が服用すると精巣を活性化して多くの精子を生産します。また、LHは精巣のライディッヒ細胞に作用して、男性ホルモンであるテストステロンの生成を促します。筋肉増強のためにアナボリックステロイドを服用すると、脳が「テストステロンを外部から補っている」と考えて体内のホルモンが十分であると判断し、テストステロンの分泌量が減少するという副作用があります。

体調を左右することが少ないとされていますが、注意しなければならない副作用もあります。薬が効きすぎると、まれに卵巣が腫れて痛くなることがあります。下腹部の痛みを感知した場合は、医師に相談してください。その他の症状としては、頭痛、吐き気、疲労感やイライラ感、視覚的な症状などが報告されています。

排卵誘発剤は非常に適切であり、サプリメントは無排卵症の方の70%以上に排卵の報告が組み込まれています。脳の視床下部は、卵胞設定ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)を投射しますが、コントロールするエストロゲンが重要です。排卵誘発剤は、卵胞誘発ホルモンの分泌を増加させ、卵胞の成熟を促して排卵を促します。

クロミッドは、不妊症に悩む女性の不妊治療に用いられる排卵誘発剤です。日本でも不妊治療に使われているお薬なので、安心して借りることができます。クエン酸クロミフェンは、この男性ホルモンの重篤な症状に対して、FSHやLHの分泌を促進することで、精子の生成や男性ホルモンの分泌を促しますので、男性ホルモンの大きさを速やかに有用な価格に還元する効果が期待できます。