サビトラ20mg

 

 

 

レビトラ20mg

バリフ(レビトラジェネリック)

 

 

 

 

 

サビトラの特徴【通販web窓ロ】

サビトラの通販WEB窓口としては、お薬なび・あんしん通販マート・ライフパートナー・ベストケンコーなどが有名です。当サイトNICHIDAIGEOGでは、特にベストケンコーを推奨しています。サビトラを1錠150円ほどで通販できるのに加え、送料や代行手数料も無料です。クーポンも多数あり大変おすすめとなっています。

ED治療薬には、食事と一緒に服用できるタイプがいくつもあります。しかし、サビトラを食後に服用する場合、基準となる食事(複合野望が占める脂肪の割合が概ね30%)であれば、勃起反応に反応はないと言われています。サビトラの副作用については個人差がありますが、頭痛、腰痛、筋肉痛、胸の不快感、顔の紅潮、鼻づまりなどが紹介されています。いずれも軽い症状で、時間とともに治まります。

10mg錠と20mg錠では効き始めるまでの時間に差はありませんが、使用されている成分の大きさが影響し、影響が残る時間は同じです。レビトラのジェネリック医薬品の主成分であるバルデナフィルは、勃起を中断させる役割を持つPDE5を阻害する効果があるんだそうです。そのため、PDE5阻害剤という別名もあり、ED治療薬の中では普遍的な成分です。

サビトラは、インドのサバ・メディカ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。先発薬のレビトラと同じ有効成分バルデナフィルを配合し、最短15口で効果が現れるという即効性があります。PDE5は、男性が性的興奮を覚えたときに分泌される環状グアノシン一リン酸(cGMP)を解体することで作用する。cGMPは血管を拡張させ、流れる血液量を増やして勃起させます。PDE5によってcGMPが解体されると、血管が元の容量に戻り、勃起が収まる。PDE5がcGMPを分解すると、血管は元の容量に戻り、勃起は収まります。サビトラは、PDE5の働きを阻害し、cGMPの分離を防ぐことで、勃起を維持することができます。

サビトラは、ドイツのバイエル社が加工・販売しているレビトラのジェネリック医薬品として、PAビデオA社によって作られました。高い人気を誇るED治療薬レビトラと同じ有効成分バルデナフィルを含有し、より大きな10mgの効能があります。レビトラと同じ有効成分であるバルデナフィルが10mgと大きくなっています。バイアグラとの違いは即効性にあり、服用後1時間が最も効果的と言われています。バイアグラとの違いは即効性にあり、1時間後半に最も効果が現れると言われています。

レビトラと同じ有効成分を含むレビトラのジェネリック医薬品です。有効成分はバルデナフィル塩酸塩水和物というもので、PDE5という酵素が変化するような働きをしないようにするPDE5阻害剤です。詳しい実績はありませんが、サビトラ(バルデナフィル塩酸塩水和物)を服用した多くの男性から、フィニッシュまでの時間が長くなったとの報告があります。サビトラには10mgと20mgの2種類があり、レビトラも同様の2種類をご用意しています。