バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

バルトレックスの特徴【通販 もえ薬局】

抗生物質のバルトレックスは日本ではインターネット通販での販売が禁止されており、薬局やドラッグストアでも当然購入することが不可となっています。その代わり、海外製のバルトレックスを通販で個人輸入することができます。ベストケンコーやライフパートナー、お薬なび、あんしん通販マート、もえ薬局などのショップから購入でき、ヘルペスの再発対策に注文している方が多いです。

バルトレックスは、抗ヘルペスウイルス剤に分類される抗ウイルス化学療法剤です。単純ヘルペスや帯状疱疹など、ヘルペスウイルスが原因で起こる病気の治療に使われるヘルペスウイルス感染症治療薬です。バルトレックスの服用は、食後に服用するため簡単です。副作用も少ないとされており、非常に使いやすい薬です。バルトレックスの登場により、服用回数が多すぎるという問題が劇的に改善されました。従来の薬は1日5回服用していましたが、バルトレックスは1日2回服用すればよいのです。

ヘルペスを再発する人の多くは、末端の神経細胞にウイルスが潜伏している可能性があります。終末神経細胞には寿命があるので、バルトレックスを服用している間に寿命を迎えた細胞の数だけウイルスの数を減らすことができます。ヘルペスの治療は早ければ早いほど良い結果が得られます。皮膚のヒリヒリ感やチクチク感など、ヘルペスの兆候があれば、バルトレックスの服用を開始することをお勧めします。

ウイルス感染の始まりに近ければ近いほど、バルトレックスの治療はより効果的になります。帯状疱疹では発症後5日以内、水ぼうそうでは2日以内にバルトレックスの服用を開始することが、より効果的であるため推奨されています。突然発症したヘルペスや帯状疱疹の治療だけでなく、性器ヘルペスの再発予防にも効果が期待されています。

ヘルペス発症直後はまだウイルスがそれほど増殖していないため、できるだけ早くバルトレックスを服用することで、病気の悪化を防ぐ高い効果が期待できます。バルトレックスは、ゾピラックスを改良した第2世代の抗ウイルス薬で、塩酸パラシクロピルを主成分とし、ヘルペス、水痘、帯状疱疹に効果を発揮します。バルトレックスは、ウイルスの活性化を抑えることで症状を改善するだけでなく、再発を防止する作用があります。

アシクロビルは、ヘルペスウイルスや水痘帯状疱疹ウイルスに感染した細胞に入り、ウイルスのDNAの複製を阻害することで、ウイルスの増殖を抑制します。アシクロビルは、ウイルスに感染した細胞のみに選択的に作用し、ウイルスに感染していない細胞には無害であるため、非常に安全です。

バルトレックスは、ウイルスの増殖を抑制する作用があるため、ヘルペスに高い効果を発揮します。ウイルスの増殖が抑制されることで、病変の広がりや炎症の悪化を最小限に抑え、治癒を早めることができます。バルトレックスの服用を継続することで、治療中はもちろん、服用を中止した後のヘルペスの再発頻度を抑えることができます。