アイピル(アフターピル)

 

 

トリキュラー21

 

 

 

 

 

アイピルの特徴【通販クスリロイヤル】

アイピル(i-Pill)は、個人輸入できるアフターピルの中で最も人気が高い商品です。1錠1,000円未満のリーズナブルな価格で購入でき、ベストケンコーやオオサカ堂、オランダ屋などの人気通販サイトでは10年以上に渡って高評価を得ています。万が一のためにまとめ買いされる女性も多いです。

緊急避妊薬「アイピル」は、通信販売で購入できます。アイピルは、その名の通り、無防備な行為や避妊に失敗した後の意図しない妊娠を安全かつ簡単に防ぐことができます。有効成分であるレボノルゲストレルは、日本でも緊急避妊用に使用されており、医療機関でもよく使用されます。

アイピルは、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。同じ量のレボノルゲストレルが含まれていることから、アイピルはノルレボ錠と同等の妊娠阻止率が期待できます。アイピルとノルレボは有効成分が同じで、影響や効果の面では同等ですが、価格に差があります。医療機関に行って緊急避妊薬を処方してもらうと1万円以上かかりますが、アイピルなら1錠あたり1,000円以下で購入できます。

緊急避妊用ピルは「アフターピル」とも呼ばれ、行為時に避妊具を使用しなかった場合や、避妊具が破裂して失敗した場合に、意図しない妊娠を避けるために服用する薬です。WHOのEssential Medicines Directoryにも掲載されており、レボノルゲストレルを用いた緊急避妊は、国際社会では従来の戦略とされています。

アイピルは、産婦人科で処方されるアフターピルと同じく安価な緊急避妊薬です。有効成分のレボノルゲストレルは、世界保健機関(WHO)が国内外で実施した普及型の共同臨床試験の結果、緊急避妊に高い有効性と安全性が認められ、1回の服用で効果が確認できることから、緊急避妊法として広く使用され続けています。この方法は、現在も緊急避妊法として広く使用されています。

海外では、屈辱的な状況などで緊急避妊が必要な場合、ドラッグストアで緊急避妊薬を注文することができます。しかし、日本では市販薬として販売されておらず、勤務先での処方が必要です。暴力行為で怪我をした場合、避妊薬を求める機会があるかもしれません。

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルの緊急避妊効果は、初代ノルレボ錠の臨床試験で検証されたと考えられています。この臨床試験は、ノルレボ錠1.5mgを性交後72時間以内に63人の女性に投与するという方法で行われました。臨床試験の結果、63名のうち62名が緊急避妊に成功しました。臨床試験の結果、63名のうち62名が緊急避妊に成功し、これを妊娠抑制率(避妊に成功した女性の割合)の基準とした。