トリキュラー21(アンジュと同一成分のピル)

ヤスミン(ヤーズと同一成分のピル)

 

 

 

 

 

アンジュの特徴【通販ソリューション】

アンジュは日本国内でよく処方される低用量ピルで、トリキュラーと同一成分が配合されています。アンジュの海外版は個人輸入できませんが、トリキュラーなら可能です。ベストケンコーでは1年分まとめ買いすることもでき、その場合は1ヶ月分700円という驚異的な安さになります。

低用量ピルは、排卵を抑制することで、卵巣と子宮を休ませ、ホルモンの均衡を一定に保ちます。低用量ピルは、避妊だけでなく、月経困難症、PMS(月経前不快気分障害)、子宮内膜症、更年期障害、難治性のニキビなどにも効果があります。

また、多くの女性の肌荒れを改善したり、子宮がん、卵巣がん、乳房良性腫瘍の発生を予防したり、子宮内膜症を解消したりする効果も認められています。さらに、むくみや吐き気、不正出血などの副作用も最小限に抑えられています。

アンジュは月経回数を調整し、明確な避妊効果を発揮するだけでなく、月経痛もコントロールします。月経リズムが乱れると、ホルモンバランスが正常でなくなり、情緒不安定になったり、肌荒れを起こしたりすることがあります。アンジュを服用することで、月経周期を正常に戻すことができ、そうした問題の改善に役立つことが期待されています。

アンジュのような低用量ピルは、排卵を抑制する、子宮内膜の成長を抑えて受精卵が内膜に付着しにくくする、子宮頸管の粘液を更新して若い精子の侵入を防ぐ、という3つの主な機能を持っています。正しく服用すれば、避妊率は100%です。

プラセボ錠を除くすべてのピルのホルモン量は一定なので、28日周期でホルモン量が変化することはありません。間違った品種を承認してしまった場合でも、問題なく有効性を得ることができます。誤った品種を服用した場合でも、問題なく有効性が継続されます。ただし、実際の薬を受け取らなければならない日に、用量を蹴ったり、偽薬を飲んだりすると、効果が下がってしまいますのでご注意ください。不正出血の可能性が三相性に比べて高くなります。

アンジュは発売から40年以上経過し、90カ国以上で承認されており、その実績と影響力から多くの産院で処方されています。実際に行われた臨床試験では、924人の女性がアンジュを420日間服用しましたが、その期間は長いと言われています。アンジュの使用に成功した女性は920人で、そのうち99%が成功しています。

その高い避妊効果から、アンジュは世界中の医師に処方され、高い評価を得ています。アンジュの1年間の連続使用による避妊エラー率は9%と報告されており、91%以上の効果があります。

アンジュを服用すると、ホルモンレベルが自然に変化し、避妊効果が100%得られることが多いのです。アンジュは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲスチン)の2種類の女性ホルモンを増やすことで妊娠の成立に対抗し、脳や体に妊娠していると思い込ませることで排卵の発生を防ぎます。