ロゲイン(ミノキシジル5%)

女性用ロゲイン(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ロゲインの特徴【通販ソーシング】

アメリカを代表する発毛剤である「ロゲイン」(Rogaine)は数十年に渡って世界中で愛用されています。国内でリアップが発売される前はロゲインを個人輸入する男性が多く、薄毛男性の救世主として雑誌で話題になりました。ロゲインはリアップなど国産品より価格が安いため、今でも個人輸入で人気の商品です。

主成分であるミノキシジルは、血管拡張作用を期待して頭皮に塗布・服用することで、頭皮の毛細血管を拡張させる作用があります。頭皮の毛細血管が拡張すると、毛根や毛包周辺の血液の流れが良くなり、毛母細胞に栄養が運ばれやすくなり、その結果、髪の毛にいくつかの栄養分が準備され、発毛・育毛につながります。

添加物のプロピレングリコールには保湿効果があります。頭皮の乾燥を防ぎ続けることで、頭皮の経済状態を整え、育毛を促進する効果があります。また、ミノキシジルを溶かし、頭皮に行き渡らせるために最も多く使われている成分でもあります。

育毛剤の中には、ベタつくタイプがあります。有効成分をより顕著に頭皮に付着させるために粘着性のある成分を使用しているものが多いのですが、そのために髪の毛が柔らかくなったり、湿ったりという不快な感覚があります。ロゲインは、使用後の感触が軽く、清々しい爽快感があります。

ロゲインを頭皮にすり込むことで、皮膚から記憶され、塗布した部分の毛髪微細血管を拡張し、血流を改善します。内服薬に分類されるミノキシジル(ミノキシジルタブレット)よりも、外用薬であるロゲインの方が、副作用の恐れが少なく、安心して使用することができます。

ロゲインの有効成分はミノキシジルで、世界で初めて有効な育毛成分として承認された伝統ある成分です。もともとは高血圧の治療薬として考えられていましたが、発毛にも効果があることがわかり、現在ではAGA治療薬の人気成分として多くの人に使用されています。製薬会社のファイザー社が開発・考案し、ヘルスケア製品を扱うジョンソン・エンド・ジョンソン社が販売している育毛剤です。この育毛剤は、一流で優秀な店舗の製薬会社が製造しているので、信頼性や安全性が高いと言えます。

AGAが発症すると、5αリダクターゼという酵素が、男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)を大量に生成します。DHTは毛母細胞を引き締め、脱毛の誘導を行います。ロゲインは、弱った毛母細胞に栄養を送り込むことで毛包を再生し、発毛を促します。

日本ではAGA用育毛剤として「リアップ」が販売されていますが、主成分がロゲインと同じであるため、適合性や結果も統一されています。ロゲインはリアップの50%オフ以下で服用でき、コストと結果のバランスに優れています。ロゲインの主成分であるミノキシジルの他に、アルコールやプロピレングリコールなどの成分が混ざっています。

ロゲインの有効成分であるミノキシジルは、元々は高血圧の治療薬として作られたものですが、頭皮の血行促進、発毛・育毛などの副次的な効果があるとして、FDA(米国食品医薬品局)に承認されました。その後、頭皮の血行促進、育毛・発毛効果があるとして、「薄毛治療薬」としてFDAに承認されています。