グルコバイ50mg(アカルボース)

 

 

 

フォシーガ10mg(ダパグリフロジン)

 

 

 

 

 

グルコバイの特徴【通販ダイレクト】

グルコバイはバイエル社が開発した血糖値を抑える商品。血糖値の上昇を抑える効果を目的として、ダイエットのために使用される方も増えてきています。ベストケンコーやオオサカ堂などの個人輸入代行サイトから通販している方の多くはダイエットのために服用しています。

有効成分の「アカルボース」は、そのα-グルコシダーゼの即効性を阻害することで、グルコースへの分離を遅らせます。その結果、ブドウ糖がゆっくりと体内に取り込まれ、食後の血糖値の上昇を抑制することができますい。グルコバイは、食後の血糖値の急激な上昇を抑える薬です。日本で承認されている「グルコバイ錠」と同じ有効成分を含み、主に糖尿病食後の血糖過多の検査に使用されています。

インスリンの分泌を促進する作用はありませんが、血糖値の上昇を抑制することで膵臓への負担を軽減することができます。グルコバイは食後の高血糖を抑える効果もあるので、糖尿病で食後の高血糖を抑えたい人はグルコバイを飲むと良いでしょう。また、グルコバイにはα-アミラーゼ阻害作用があるので、食後の血糖値が過剰になるのを防ぐことができます。血糖値が正常にならないことを防ぐことは、目先の病気を治すだけでなく、命に関わる病気を予防することにもつながります。

グルコバイを数ヶ月服用しても血糖値の変化が見られない場合は、別の治療法に切り替えてください。グルコバイは、運動、食事の回復、インスリン、血糖値の薬などで効果が得られない場合にのみ使用します。

主成分のアカルボースは、日本の厚生労働省で承認されており、α-グルコシダーゼ阻害剤に分類されます。副作用としては、腹部膨満感や鼓腸、おならの増加、軟便の発生率の増加、下痢後、腹痛、便秘などがあります。重大な副作用としては、低血糖症、腸閉塞、肝機能障害、黄疸が飛び出すことがあります。

グルコバイは、α-グルコシダーゼ阻害剤に分類される薬剤です。このタイプの薬を単独で取り入れるのに適しているのは、軽度の糖尿病の方です。食事療法や運動療法が十分ではなかった場合に取り入れられます。特にグルコバイは、「空腹時の血糖値はそれほど安価ではないが、食後に高血糖を示す疾患の方」に対して使用されます。食べた時の血糖値が高くなるのを防ぐことで、脂肪としてストックされる糖質の量を減らし、高血糖の要因である肥満の好転に役立つと考えられています。

グルコベイは食後高血糖先行薬とも呼ばれ、食後の急性血糖値の上昇を防ぐことで、食べたご飯の品目が脂肪になりにくい状態に到達することを目的としています。この大きなダイエット効果から、糖質制限ダイエットの治療にグルコバイを処方する美容部員も少なくありません。

臨床試験では、グルコバイ100mgを1日3回、食事の直前に投与することで、食間と2時間後に測定した血糖値と、空腹時の血糖値が有意に低下しました。HbA1cについても同様です。その理由は、コレステロールが血糖値を下げるインスリンの働きを低下させ、糖尿病を悪化させてしまうからです。