ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノキシジルタブレットの特徴【通販ダイレクト】

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)はオオサカ堂やアイドラッグストアーなどから個人輸入通販できます。タイ製の「ノキシジル」(Noxidil)という商品が最も人気で、1錠数十円のリーズナブルな価格でお買い求めいただけます。

AGAは自然に治り始めるリスクが高いわけではなく、できるだけ早く治療を開始することが重要です。一刻も早く治療を開始することが大切です。もちろん、ミノキシジルやプロペシアによる治療も大切ですが、通常の生活での毛髪治療も同様に大切です。

ミノキシジルタブレットは、毛母細胞の影響を与える毛乳頭に作用し、毛乳頭細胞の成長を促します。毛乳頭細胞が増えると、毛母細胞への誘導がスムーズに行われるようになり、毛母細胞の細分化・拡大が活発になります。髪の毛の元となる毛母細胞が活発になるためには、毛乳頭を十分に動かすことが非常に重要です。

ミノキシジルタブレットの有効成分であるミノキシジルは、元々は高血圧や心不全の治療薬として使用されていましたが、血管拡張作用により頭皮の血流を改善し、毛母細胞の管理を早めることで、発毛・育毛を促進します。ミノキシジルには経口剤と外用剤がありますが、日本では外用剤のみが販売されています。ミノキシジルは、有名な育毛剤「リアップ」の主成分です。純粋に髪の毛の量を増やしたいのであれば、フィナステリドよりもミノキシジルの方が効果的だと言われています。

ミノキシジルタブレットの投薬を開始してから約3~6週間後に、通常よりも多くの抜け毛を受け取ることがあります。これはミノキシジルタブレットの効果によりヘアサイクルが正常に戻りつつあるためで、一時的に髪の毛が抜ける「退行期」が重なることで「初期脱毛」となります。

血行が悪いと、髪に必要な栄養素が往路に届かず、抜け毛の原因になったり、髪の成長が止まったりします。しかし、ミノキシジルで血行を拡大することで、髪に必要な栄養素が髪に訪れるようになり、毛母細胞を活性化して髪の生成を促すことができるようになります。ロニテンのジェネリック医薬品なので、先発医薬品に比べて安価に購入することができます。塗布式のシリーズの育毛剤に比べて、手間をかけずにまんべんなく塗布できるという理由で、とても使いやすいお薬です。

成長期はヘアサイクルの中で3年から6年と最も長い期間ですが、この期間が通常よりも短いと髪が十分に育たず、頭髪が短く狭くなったり、実や毛体の量が減少したりします。この状態がAGAです。ミノキシジルタブレットの主成分であるミノキシジルは、血管の細胞外にあるKATPチャネルを開きます。また、ミノキシジルは抗炎症剤としてAGAの治療に使用することができます。血管の細胞間にアデノシン三リン酸が流れ込むと、頭皮を含めた全身の血管が拡張し、血流が促進されます。

AGA治療薬は、発毛促進と脱毛防止の2つに大別されます。ミノキシジルタブレットは発毛促進カテゴリーで、髪の成長に欠かせない毛乳頭に働きかけます。プロペシア・フィンペシアなどの有効成分であるフィナステリドは抜け毛を防ぎ、ヘアサイクルを改善します。前者が攻撃系なのに対して、後者は防御系と言われています。